【プレイヤー目線で教える】満足のいく電子ピアノの選び方とおすすめ

電子ピアノ選び方 ピアノ

今キーボードでピアノ練習をしているんだけど、物足りなくなってきた。
電子ピアノに買い替えたいんだけど、どれがいいのかわからないよ。
選び方のポイントとおすすめの電子ピアノも教えてほしい。

 

本記事はこんな悩みを抱えているあなたを解決します。

 

 

本記事を書いている私は某メーカーで電子ピアノのデモ演奏をしていた元音楽講師です。イベントの度に各メーカーの電子ピアノを触り、店員さんから電子ピアノについて教えてもらっていました。

 

そのときの経験を元に、電子ピアノの選び方についてピアノプレイヤー目線で解説していきます。

 

おすすめの電子ピアノも目的別に紹介!すぐにおすすめの電子ピアノを知りたいあなたはここをクリックしてください。ジャンプしてすぐに読めます。

 

それでは、電子ピアノの選び方についてみていきましょう。

 

 

スポインサーリンク

電子ピアノのタイプは4種類

電子ピアノ選び方

電子ピアノは次の4つのタイプに分かれます。

 

  • スタンダード(キャビネット)型
  • コンパクト(スタイリッシュ)型
  • 卓上型
  • ハイブリッド型

 

わかりやすく表にしてみました↓

スタンダード型 コンパクト型 卓上型 ハイブリッド型 アップライト
大きさ(奥行) 平均45cm 平均31cm 約30cm 平均60cm 60cm
重さ 平均60kg 平均40kg 平均11kg前後 平均80kg 240kg前後
鍵盤の種類 樹脂or木製 樹脂製 樹脂製 木製 木製
スピーカーの数 2~4つ 2つ 2つ 6つ以上 なし
価格 15~25万円 10~15万円 5~10万円 25万円~ 40万円~

 

詳しくみていきましょう。

 

スタンダード(キャビネット)型

アコースティックピアノに近い音色とタッチ感で、ピアノ演奏を楽しめるのがスタンダード型です。

 

見た目は奥行があり、ピアノの背中部分が1枚の板で覆われているのが特徴的。

 

表現の幅を広げてくれるスピーカーが4つ搭載されているものが多いタイプです。

 

鍵盤はツルツル滑りやすいプラスティックではなく、凹凸のある象牙調であったり、アコースティックピアノと同じ木製鍵盤のものもあります。

 

価格は15~25万円ですが、20万円以上の電子ピアノがおすすめ

 

理由は20万円以上の価格だと、スピーカー数が4つ、木製鍵盤になり、よりアコースティックピアノに近い感覚で弾けるからです。

 

デメリットはお部屋に置くと、想像していたより大きく圧迫感があること。スタンダードタイプの電子ピアノを買うときはどこに置くのか?をよく考えておきましょう。

 

レッスンや発表会で感じる違和感を最小限で抑えてくれる電子ピアノ。

 

ピアノを上達させたい、特にクラシックをメインに練習していくならスタンダードタイプを買うべきです。

 

こんな人がスタンダード型の電子ピアノを買っています!

  • これからピアノを始めるよ!買い替えるつもりはない
  • そこそこピアノが上手に弾けるようになりたい
  • キーボードで練習してるけど、物足りなくなってきた

 

コンパクト(スタイリッシュ)型

 

奥行がA4サイズと小さく、お手頃な価格でピアノを楽しめるがコンパクト型です。

 

スタンダード型との相違は何といっても小ささ!奥行は平均14cmもコンパクトになっています。また、ピアノの背中部分が開いているので圧迫感もありません。

 

見た目もスタイリッシュで、部屋に置いたとき家具に馴染んでくれますよ。

 

デメリットはスタンダードタイプに比べて鍵盤が軽く、音色の幅も少ないです。そのため、表現力が乏しくなります。

 

ピアノを習いたての未就学児はまだ細かい表現力は習わないので、続けるかわかんないし低コストで抑えたい!ならおすすめの電子ピアノです。

 

部屋にピアノを置くスペースが限られている、未就学児で将来は買い替えも視野に入れているならコンパクトタイプの電子ピアノを買いましょう。

 

こんな人がコンパクト型の電子ピアノを買っています!

  • ピアノを習いたての未就学児
  • 部屋が狭い
  • ピアノは趣味程度で楽しく弾きたい

 

卓上型

テーブルの上でも弾け、どこにでも持ち運びができちゃうコンパクトで便利なのが卓上型です。

 

スタンド、ペダルが別売りで取り付ければ置き型にもなります。

 

立て掛けておくことも可能なので、収納スペースも取らないです。

 

デメリットはスタンダード型、コンパクト型に比べて小さくできているので、音量が小さく、表現力も乏しくなります。

 

また、持ち運びも可能ですが約11kgあるので力がない人はちょっと大変かも。

 

88鍵ほしいけど、キーボードよりは本格的に弾きたいなら卓上型を買いましょう。

 

こんな人が卓上型の電子ピアノを買っています!

  • 据え置きタイプの電子ピアノは邪魔
  • 独学、趣味でピアノを楽しみたい
  • ピアノを持ち運びたい

 

ハイブリッド型

アコースティックピアノに音色もタッチ感も限りなく近づいた電子ピアノがハイブリッド型です。

 

スピーカーが6~8個あり、自分が弾きたい音をしっかりと表現してくれます

 

鍵盤はアコースティックピアノと同じ木製で、グランドピアノまたはアップライトピアノと音を出すしくみが同じに作られていたりと弾き心地が本物そっくり!

 

お値段は25万円~と中古のアップライトピアノが買えるほど。

 

電子ピアノにしては高額ですが、 各メーカーが細部にまでこだわっているので、本当にアコースティックピアノを弾いているような音色とタッチ感で演奏を楽しめます

 

私もよく弾いていましたが、本物そっくりで驚きました。鍵盤も重たいので誤魔化しが効かなかったです(笑)

 

アップライトピアノよりも軽く、調律もいらないのでプロピアニストが2台目として購入していますよ。

 

アコースティックピアノで本格的なピアノ演奏を楽しみたいけど、住宅事情や予算の関係で難しいなら間違いなくハイブリッド型を買いましょう。

 

ここだけの話、アップライトピアノを買うよりも断然良いです。

 

こんな人がハイブリッド型の電子ピアノを買っています!

  • ピアニスト、ピアノ講師、音大生が2台目として
  • アップライトピアノを購入したいが、住宅事情で難しい
  • 本格的な演奏を楽しみたい

電子ピアノの選び方【見るべきポイントは5つ】

電子ピアノ選び方

あなたが満足のいく電子ピアノを購入するために、チェックすべきポイントは次の5つです。

 

  • 鍵盤のタッチ感
  • 音色
  • 使いやすさ
  • 大きさ
  • 価格

 

電子ピアノを選ぶときは『よりアコースティックピアノに弾いた感覚が近いか』を重視するのが良いとされています。

 

理由はピアノ(音楽)は技術のみならず、表現力をいかにしてつけるのかが最重要課題であるからです。

 

ピアノのレッスンで先生は技術はもちろんのこと、音を小さく弾いたり、大きく弾いたりなどの表情を確認しています。

 

この表現力はただ単に小さく弾いたり、大きく弾いたりすればいいってものではありません。

 

ピアノを習い始めたばかりの未就学児はそこから表現力の練習をスタートさせますが、ピアノレベルが上がってくると細かい表情が重要になってきます。

 

この繊細な表現を出すのが電子ピアノだとセンサーの関係で限界があるんですね。

 

よく、家の電子ピアノでは上手に弾けるのに、レッスンや発表会のグランドピアノで弾くと満足のいく演奏ができないことがあります。

 

それは電子ピアノがアコースティックピアノのように細かい表情を付けて演奏することができないからです。

 

“アコースティックピアノとのギャップがいかに少ない電子ピアノ”は『鍵盤』『スピーカー』『音色』の3つが鍵を握っています。

 

それにプラスして、『使いやすさ』『大きさ』『価格』に納得をするのかが購入の決め手になります。

 

ということで、電子ピアノを選ぶときに必ずチェックをしたいポイント5つを詳しくみていきましょう。

 

鍵盤のタッチ感

電子ピアノ選び方

 

鍵盤のタッチ感で見るべき箇所は次の2つ。

 

  • 鍵盤の素材(木製or樹脂)
  • 音の感度(センサー数)

 

私の個人的な肌感としては、鍵盤の違いがアコースティックピアノに近いかどうかを見極める最大のポイントになります。

 

鍵盤の素材、センサー数で弾きやすさが大分変るので、実際にお店で体感するのがおすすめですよ。

 

鍵盤の素材は”木製”or”樹脂”?

アコースティックピアノは木製なので、木製の方がギャップが少なくておすすめ

 

プラスチック製のものだと爪が当たるとカチカチ鳴ったり、汗をかいてきたときにツルツルと滑って弾きにくいです。

 

ただ、プラスチック製でも『象牙調』といって表面に細かい凹凸を入れている鍵盤もあります。樹脂製なので木製鍵盤よりは軽いですが、完全プラスチック製よりは弾きやすいですよ。

 

木製なのか樹脂なのかは見た目でわかりますので、お店で確認してみましょう。

 

強弱やトリルを弾いたときの感度はいいか?

電子ピアノの音が鳴る仕組みは『①鍵盤をたたく→②センサーが反応→③スピーカーから音が出る』という流れになっています。

 

②が大事で、センサーの数によって音が鳴る速さが違ってくるんです。

 

センサーの数が多いものの方が細かいニュアンスを出せるので、ピアノ演奏で重要な表現力を付けることが可能になります。

 

隣合う音を高速で弾く手法“トリル”を弾くと、電子ピアノの感度が良いか悪いかがわかりますよ。

 

音色

電子ピアノ選び方

音色で見るべき箇所は次の2つ。

 

  • 好みの音かどうか
  • スピーカーの数

 

その音は好みの音ですか?

メーカーによって、ピアノの音が全く違います。というのも、録音(サンプリング)している元のピアノの音がそれぞれ違うからです。

 

ヤマハ、カワイの電子ピアノは自社のグランドピアノの音をサンプリングしています。

 

一方、ローランド、カシオ、コルグは自社のアコースティックピアノを製造していないので、技術者の好きなピアノの音をサンプリングしています。つまり、世界で有名なグランドピアノの音色もサンプリングできるわけです。

 

このピアノの音色は個人の好みになってきますので、どれがいいかは一概にはありません

 

当たり前ですが、ピアノを弾く本人が実際に各メーカーの電子ピアノを弾いて、確かめるのが良いですよ。

 

購入したら、毎日聴く音なので好きな音を選んだ方が練習が楽しくなります。

 

ちなみに、私の完全なる個人的な好みはカシオです。まぁ、世界で愛されている有名なグランドピアノの音色なので気持ちの良い音で弾けます。

スピーカーの数は多い方が良い

 

アコースティックピアノの響きに近いのはスピーカーが4つ以上のものです。理由はグランドピアノは楽器全体を振るわせて音を響かせるから。

 

スピーカーが4つの電子ピアノは上と下の両方から音が鳴るので、2つだけのものよりも断然響きが違ってきます。

 

ここで注意してほしいのが、ヘッドフォン。電子ピアノなので、夜にヘッドフォンを付けて練習することがあると思います。

 

ヘッドフォンを付けた状態でも、しっかり強弱などの表情を表現できるのか確認するといいですよ。

使いやすさ

電子ピアノ選び方

電子ピアノってボタンが多いと思いませんか?

 

それはピアノ以外の音で弾けたり、すぐに録音ができたりと便利な機能がたくさん付いているからなんですよね。

 

最近はBluetoothで他の電子機器と繋げられたりするものもあります。

 

楽しくて便利な機能があるのは嬉しいですが、それを使いこなせるのかどうかは別問題。

 

全部使う必要はないですが、せっかく付いている便利な機能は使いたいですよね。

 

それには、わかりやすいものが1番!使えなかったら便利な機能も無いに等しいので、使ってみて覚えやすいものを選びましょう。

大きさ

電子ピアノ選び方

部屋のスペースは限られています。

 

どんなに気に入った電子ピアノを購入しても、部屋に見合った大きさでなければ後々後悔してしまいます。

 

実際に私はグランドピアノを持っていますが、一つ下のサイズを買えばよかったと何度も思いました。ワンサイズ小さいものにしたら、部屋の圧迫感が少なくてすんだんですよね。

 

購入当時は絶対にこの大きさのがいい!と思い込んでいましたが、後々冷静になると、別に買ったサイズにこだわる必要はなかったです。

 

電子ピアノはグランドピアノほどではありませんが、やはりスタンダード型だとコンパクト型よりも約14cmも大きくなります。

 

お店で見ると対して違わないように感じますが、実際に部屋に置くとかなり違いますよ。

 

テレビ買うときも、お店で見たら丁度良い大きさに感じたけど、家に配置したら思ってたより大きかった、あるいは小さかったことはありませんか?

 

部屋のどこに置くのかしっかりとシュミレーションをしましょう。

価格

電子ピアノ選び方

これ、1番大事です。

 

電子ピアノは高額になればなるほど性能が良く、アコースティックピアノの弾き心地に近づいています。

 

本当は値段に関係なく、アコースティックピアノに近い電子ピアノを買うのが1番良いに決まってるんです。

 

でもそれって、実際問題難しいですよね。

 

『このくらいまでなら出せるよ』という上限をしっかりと決めておく必要があります。

 

じゃないと、高価な電子ピアノの方が見た目も弾いた感じも良いので、どんどんどんどん購入金額が跳ね上がってしまう可能性がありますよ。

 

上限金額を決めて、その中で1番最適な電子ピアノを購入するのが賢い選び方です。

 

初心者におすすめの電子ピアノ【メーカー/目的別に紹介】

電子ピアノ選び方

棒メーカーのデモ演奏をして、様々なメーカーの電子ピアノを弾き比べた経験のある私が、選び方のポイントを元にしておすすめの電子ピアノを紹介します。

 

今回は1番購入する人が多い、15~25万円のスタンダード型から選びました。

 

 

音色で選ぶならヤマハ【CLP-645】


色彩豊かな重厚感溢れるサウンドで演奏を楽しむことができる電子ピアノが『ヤマハのCLP-645』。 全国でも売上台数がトップクラスの機種です。

 

力強くきらびやかな音が特徴のヤマハ「CFX」と繊細でうるおいのある音が特徴のベーゼンドルファー「インペリアル」、この2つのコンサートグランドピアノを搭載しています。

 

ピアノの表情を豊にするスピーカーが4つあり、厚みのある響きで演奏を楽しむことができる1台です。

 

強弱からスタッカートなど、細かな表現も思い通りに弾きたいならヤマハCLP-645が断然おすすめ。

 

鍵盤にこだわるならカワイ【CA48R】


カワイの電子ピアノと言えば『木製鍵盤』

 

音を出す仕組みがグランドピアノと同じシーソー式の構造になっています。また、鍵盤を最後まで押し切ったときの感触がグランドピアノそのもの

 

グランドピアノを弾いているかの弾き心地でピアノ演奏をすることができます。

 

鍵盤のタッチ感がグランドピアノに最も近く、弾き心地が良い木製鍵盤で演奏をしたいなら『カワイのCA48R』がおすすめです。

 

使いやすさならローランド【HP704】


ピアノの弾き心地に追及しただけでなく、練習にも便利な機能が搭載されている電子ピアノが『ローランドHP704』。
Bluetoothでピアノとスマホやタブレットを接続でき、ローランドのオリジナルアプリで練習をサポートしてくれます。
いつでもどこでも自分の演奏を聴き返せる上、好きな楽譜を探して見ることも可能。
使い勝手もよく、これらの機能を簡単に使えます
さすがローランド!!といった印象ですね。
スマホやタブレットを駆使して、ピアノ上級者を目指していくならローランドを買うべきです。

価格で選ぶならカシオ【AP-470】



お手頃価格なのに、弾きやすく響きも豊か!使える機能も盛りだくさんな電子ピアノが『カシオAP-470』。
なんとこの電子ピアノ、天板(屋根)部分が開きます。
これはグランドピアノの蓋と同じ役割があるそう。天板を開くことによって、豊かな広がりのある音で演奏することができるんです。
実際に私も天板を開けて弾きましたが、確かに天板を閉じているときと比べてピアノの響きが豊かになりました。
総合すると、ヤマハ・カワイ・ローランドには劣るかな、という部分もありますが、10万円以内でこのクオリティなので文句なしですね。
ヤマハ・カワイ・ローランドだとこの価格で同じクオリティのものはありません。もっとちゃっちい感じです。
正直言って、メーカーを気にしないならかなりお買い得な電子ピアノ。
メーカーは何でもよく、とにかくお手頃価格で本格的な電子ピアノが欲しいならカシオのAP-470を買うべきです。

デザイン性重視ならコルグ【C1 Air】


とにかく部屋にあるだけで可愛い!インテリアとしても申し分ない電子ピアノが『コルグC1 Air』です。
この電子ピアノは色がブラック・ホワイト・ブラウン・レッドと4種類。
どこのメーカーもブラック・ホワイトはありますがレッドは中々ありません。というか、赤い電子ピアノを販売しているのはコルグだけではないでしょうか。
キーボードだと可愛い色がありますが、電子ピアノでは見たことないですね。
私はコルグの赤いキーボードを持っていますが、置いておくだけで部屋が明かるくなり、おしゃれな感じがします。
“日本製”というのも人気の秘密。
鍵盤は樹脂製なのが残念ですが、重さがあり、個人的にはヤマハの電子ピアノより弾きやすかったです。
コンパクトで可愛い電子ピアノでおしゃれな部屋にしたいなら『コルグC1 Air』を買いましょう。

まとめ

電子ピアノ選び方

電子ピアノの選び方について、メーカー別おすすめも解説してきました。

 

最後にこの記事のポイントをまとめます。

 

  • 電子ピアノは4種類【スタンダード/コンパクト/卓上/ハイブリッド】
  • 電子ピアノ選び方はポイント5つ【鍵盤/音色/使いやすさ/大きさ/価格】
  • おすすめ電子ピアノは15~25万円クラスでヤマハカワイローランド
  • 10万円以下でもクオリティの高いおすすめ電子ピアノはカシオコルグ

 

ネットでどの電子ピアノがいいのか下調べをしたら、店頭で各メーカーを弾き比べてください。

 

どのメーカーの電子ピアノも良いところと悪いところがあり、一概にコレがいいよ!というのはありません。

 

あなたが電子ピアノでどんなことをしたいのか、どんな目的で買うのかを明確にし、上限金額の中で一番納得のいくものを買うのがいいです。

 

私がピアノを習い始めたばかりの子供(未就学児)にピアノ練習用として買うなら、最終的には趣味程度に楽しく弾けるレベルでOKなので、カシオの電子ピアノにします。

 

ヤマハやカワイの電子ピアノなら15~20万円クラスのものがカシオの電子ピアノなら10万円以下で買えてコスパが最強だからです。

 

メーカーとしてはヤマハ・カワイの方が断然上ですが、電子ピアノなのでカシオで充分ですね。

 

あなたも自分にぴったりな電子ピアノを買って、快適なピアノライフを送りましょう。

 

今回はここまで、おんぷ(@onken_baby_kids)でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました